« 誕生日越え | トップページ | おつかれトラストミー »

2010年5月23日 (日)

コクバル断腸の思い

やっぱり更新すると皆さんの訪問数が
グイグイ増えるので嬉しくなって早々の更新happy01
褒められて伸びるタイプです。

で、小ネタですが…
読んじゃった…sweat01あまり話題に左右されない方なんですが

41k4cmwkecl__sl160_aa160_

内容については敢えて書きませんが

皆さん、読後感がモヤッとする「後は読者が考えてみなよフフッ」 な小説と
結末きっぱり「あーーーこうなんだね!」な小説とどっちがおこのみ?
私は断然前述です。すごくモヤッとして読んだ後相当引きずるんですが…

でも、こうなったのチビが生まれてから。
それまではきっぱり派だった。結論見せないのは作家が
横着してるとまで思ったモンだ。

でも両者、一長一短で…
読み手の心持ち一つ。

読む事はやめられない。

最近読んだ本なんですか?教えて下さい。

広島ブログ

広島ブログ

« 誕生日越え | トップページ | おつかれトラストミー »

bookレビュー」カテゴリの記事

コメント

読んだ読んだ。「告白」。
後味悪かったbearing~。あまり好きじゃないタイプのミステリーだった。
ちょっと陰湿だよね。私にはホラー小説のように感じたわ。

基本スッキリミステリーが好き!なのかも。宮部みゆきが一番好き。
しかし、統一感のない乱読者。
今、読んでるのは『1Q84』(←ベタすぎる。しかも、今ごろbook1)と『子供に聞かせるお金の話』と『重力ピエロ』。
同時にいろんなのをドンドン読んだりします。

読んだものを忘れないようにと、『ブクログ』やってたのだけど、最近放置。アカウントすら忘れた。

kana さん
コメントありがとう。
私もかなりの乱読派です。
ジェケ買いのように決めてしまう事もあります。
平行読みもありありです。
でも友人から借りた「東京タワー」は途中から
読み進めなくなってしまった。
本でも号泣できるわたし。
宮部みゆき!!ぽい!!
ハルキストぽい。し。
私は「一番!!」ってのがないなぁ~
重松清好きかも。

新刊本を読むというよりは、気に入った本を割と何度も読み返すタイプですsad

今読み返しでハマってるのは、穂村弘さんの本です。
『にょっ記』、『現実入門~ほんとにみんなこんなことを?~』、『世界音痴』など。
一体何回読み返したんだろうsign02

心に残るというのとはまたちょっと違う感じですが、つい手に取って読んでしまう。
ふふっという小笑い系&子どもの頃に迷子になった時のような心もとなさなんですが、それだけじゃないです。
穂村さんは歌人ですが、私はエッセイの方が好きですねheart04
でも草食系男子がお嫌いな方は、イラッと来るかもsign02

重松清さんの『流星ワゴン』、『その日のまえに』
何度読んでも泣けます。もう嗚咽漏らして。

メジャーどころでは、角田光代さんの『八日目の蝉』、東野圭吾さんの『手紙』、小川洋子さんの『博士の愛した数式』、劇団ひとりさんの『影日向に咲く』もよかったですhappy01

大穴sign02は、ゲッツ板谷さんかな?
もうとにかく元気になりたいsign03って時には、ゲッツさんの『板谷バカ三代』を読んで大笑いですが、ストレスで疲れ気味の義弟に貸したら、
「こういう本を読んで笑えるってことは、まだまだ全然余力があるってことですよ。お義姉さん。」
と冷ややかに言われました。ふんだpout

リラッツマさん

コメントありがとう。
興味深いブックレビューでした。
すごく参考になりますhappy02ありがとう。
でも何に驚いたって超多忙な貴方が
こんなに本を読んでいる事です。
やっぱり時間は追われる物でなく
作る物なんだと…
精進したいと思います。ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1023095/34831946

この記事へのトラックバック一覧です: コクバル断腸の思い:

« 誕生日越え | トップページ | おつかれトラストミー »