« 2012年8月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年9月

2012年9月23日 (日)

久々に映画


細部に突っ込みたくなるのは「おとぎ話」なのだから、と
おいといて、当たり前じゃなくなったから感慨深いのか?
いつかくる「別れ」を妄想し号泣した。
「別れ」いろんな「別れ」があるけど...
いつも心がついて行けない。
子どもが何を感じるのだろうと。この作品で。
どうだった?ときいたら
「自分は自分の人生を生きて行かなきゃって思った」
はい。号泣。
子育て以上に大切な仕事なんて何も無い

Book_2

« 2012年8月 | トップページ | 2013年1月 »