映画・テレビ

2012年9月23日 (日)

久々に映画


細部に突っ込みたくなるのは「おとぎ話」なのだから、と
おいといて、当たり前じゃなくなったから感慨深いのか?
いつかくる「別れ」を妄想し号泣した。
「別れ」いろんな「別れ」があるけど...
いつも心がついて行けない。
子どもが何を感じるのだろうと。この作品で。
どうだった?ときいたら
「自分は自分の人生を生きて行かなきゃって思った」
はい。号泣。
子育て以上に大切な仕事なんて何も無い

Book_2

2010年1月 7日 (木)

I saw the most fantastic movie ever

The most fantastic movie in my life so far

Avatar_book 057_220_149f

3Dでみました。3Dがどうのではなく、パンドラ

(詳細は言いませんが、作品内の別の星の

ことです)の世界観に感動しました。

最新の技術満載の作品ですがメッセージはシンプル。

自然美の素晴らしさを崇高にとらえた造形に

ため息です。やはりわたしはデコよりヌーボーだ。

気がつけば大好きな映画から離れた生活になってしまったな。

家より劇場が好き。

物理的に劇場へ行く時間が作れない。(子どもはほったらかせない)

見始めたら終わるまでは何ごとにもとらわれたくない

と、なると…若かりし頃の映画漬けの日々がいかに

貴重な時間だったのかと。贅沢な時間だったのかと。

今の感覚が20代の頃にあったらなぁ~

もすこし…いやいや所詮わたしは私。

本日只今よりまた精進・邁進の心デアリマス。

まずは頻繁にブログ更新だろ!

との声はとどいておりますので

お許しの方は→広島ブログ

広島ブログ